個人タクシーで働くことのメリット

個人タクシー事業者の場合、売り上げ100%が収入になります。歩合制のタクシー会社従業員と比較すると収入アップにつながるでしょう。

実際に個人タクシーで働いている人の声を聞いてみた

ドライバーのプロとして認められますよ!

運転経歴など必要な資格があります。厳しい条件をクリアしないと申請できないので、プロ中のプロとして認められますよ

土地勘に強くなりますよ!

東京地区などでも地理試験の合格など求められる資格もあるので、土地勘に強くなりますよ。

シフトに左右されずに仕事ができています

夜間のみ、日中のみなど自分のシフトに合わせて仕事ができています。固定客もついてきましたよ。

働き方を広げられます

観光タクシーや、役員送迎などお客様のニーズに合わせた働き方ができるようになりました。

収入は格段にアップしました

元タクシードライバーです。会社員だったころと比べて、もちろん経費の支払いは自前ですが手取りが増えました。

組合に入るとメリットがある

タクシーの模型

個人タクシーのドライバーとして働く場合、組合に入るのか入らないのかという2つの選択肢があります。組合に入ると、組合から顧客を回してもらえたり、タクシーチケットやクレジットカードの支払い設備の導入が容易になったりします。また、様々な事務手続きを任せることができるなど、いくつものメリットがあります。そのため、仕事を有利に進めたいのであれば、組合に入っておいた方が良いでしょう。そして、組合にはいくつもの種類がありますが、個人タクシーは原則として、住所があるところでしか働くことができません。したがって、住所があるところの組合に参加することになります。もし、設備やサポート面などを重視したいのであれば、まずは住所を変える必要があります。

働く時間が拘束されにくい

タクシー

個人タクシーのドライバーの仕事は、個人事業主なので、労働時間が限定されていません。会社に所属するドライバーの場合は、勤務開始時間と終了時間が決められている上に、特定の時間での連絡など、管理される部分が多いです。個人タクシーはそのような制限がなく、勤務時間を必要に応じて変えられます。プライベートで大事なことがあれば、早めに仕事を切り上げることが可能で、より多く稼ぐために長時間働くという勤務スタイルにもできます。したがって、会社に縛られたくないという人は、個人タクシーのドライバーを目指すことが多いです。

収入が増える可能性がある

ドライバー

会社に所属しているタクシードライバーは、売り上げの一部を会社に納めなければなりません。しかし、個人タクシーのドライバーであれば、売り上げは全て自分のものにすることができます。当然ガソリン代や車のメンテナンス費用など、経費は引かなければなりませんが、それでも会社に所属するより収入を高められる可能性はあります。したがって、個人タクシーは、会社に所属しなくてもドライバーとして活躍できそう、収入が高くなる見込みがあるという人から人気です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3